バラのように情熱的な文化って何?


バラの花言葉

みなさんはバラにどんなイメージを持っていますか?
日本人はあまりバラに対して大きな印象を持っていない場合があり、敢えて例を挙げるとするならば、プロポーズのときに男性が女性に送る花としてのイメージが強いのではないでしょうか。

先の例のようにバラの花言葉には「情熱」、「愛」といったものがあります。
恋愛に関して一番適した花であることは間違いありません。

他にも「闘争」なんて言葉がつけられることもありますが、情熱的な花としての代名詞はバラで決定したも同然です。

さて、そんな情熱的といった言葉ですが、各国で情熱的な恋愛やイメージには違いがあると思います。
なかには暑苦しいなんていう人もいるかもしれませんし、COOLといったカッコイイなどのほうが情熱よりも優先されることもあります。

あるアンケートによると、男性で恋愛に関してもっとも情熱的な国はどこか?といった女性限定の質問がされていたことがあります。

その中で、もっとも恋愛に関して情熱的な国の男性はイタリアという結果が出ました。

男性から見ると、イタリア男性は軽い感じがするのは、日本人男性の妬みの感情からでしょうか…。

それ以外では、ドイツやスペインといったヨーロッパの国が続き、アメリカになると、〜〜系といった国ではなく人柄などを重視するようになります。

残念なことに日本はこのアンケートの圏外で、日本人男性を他の国の女性はあまり印象深くない傾向がうかがえます。


LINKS


Photo Commando Web
写真は、日常の中のひとコマを切るとるもの。写真撮影の楽しさを紹介しているサイトです。

世界のイベント皆既日食
世界中どこの国でも注目される、皆既日食についての情報サイトです。日本における皆既日食の史実について書かれています。
 





コンテンツ
Copyright (C) Roses Passion Web All Rights Reserved.